ケーキとあっくんの由来

 

兄弟の名

 

喫茶店「ケーキとあっくん」の由来は、マスターのむすこ2人の名前からとりました。

長男亮友(あきとも)・次男は計紀(けいき)からとった名前です。

二人の名前を店名に入れると「ケーキとあっくん」になったそうです。

開業当時、「ケーキとあっくん」という名前からケーキ屋さんと思われて、

当時メニューになかったケーキが、メニューの一つに加わわりました。

名前は、よく謎として取り上げられるのですが、実はこういう経緯だったです。

お店情報

ちなみに前に立っているだけで、店の名前おかしいという一言が聞こえる。

最新情報

 

ドリングメニュー一覧

お食事メニュー一覧

ケーキとあっくんは、京都祇園ボローニャの取り扱い店です。

京都で作られた証【vv】

デニッシュパン